<< 今週末は「グローバルフェスタJAPAN 2014」! | main | 広尾での期間限定ショップ始まりました! >>
Winter Gifts @ Tammy's Treats 2014
毎日がものすごいスピードで過ぎていく気がします。気がつけばもう11月。みなさま、年末に向けて心の準備はお済みでしょうか(笑)?

先月、ファッション系のブランドが集まる展示会に参加しました。社会や環境に配慮した商品を手掛けるブランドが集まるコーナーに、デザイナーのMayoと立ち上げた「DAIFUKU PROJECT」として出展しました。

こうした展示会に参加するのは初めての経験でしたが、周りの支えのおかげて無事終了しました。来場者の中には、「最近の潮流を知るために勉強に来ました」という方や、「エシカル」といったの言葉に反応して立ち寄って下さる方など、一般的な関心の高まりという点で、てごたえを感じることができました。

一方ですぐに取引きにつながるわけではなく、まずは催事で反応を見てから…というような、慎重な姿勢が多かったように思います。つまり、店舗販売の機会は与えられたとしても、売れなかったらそれまでということです。

社会や環境に配慮した商品に対するニーズは一般論として高まってはいるものの、実際問題として消費者に受け入れられる(=売れる)モノやブランドでなければ腰を据えての取引は難しいということ。

当たり前のことですが、需要があって初めて継続して展開できる可能性が生まれるわけで、メーカー(ブランド)としては常に消費者に受け入れられるための工夫や努力が必要なんだということを再認識することとなりました。

他方、同じモノでも置く場所や見せ方、接客のあり方、PRの方法など、売り方ひとつでお客様の反応ががらっと変わることも少なくありません。

その意味では、メーカー側の努力ももちろんですが、売り場を提供してくれる店舗側の協力なども重要なポイントだと思います。より高い成果、そして波及効果を得るためにも、ぜひとも店舗側のコミットメントとご協力をお願いしたいと思います。

そして消費者のみなさま!
ソーシャルなモノ・コトに関心をお持ちであれば、その要望を様々な場面で、店頭でのお客様の声として伝えてみてはいかがでしょうか?

例えば普段よくお買い物をするお店でフェアトレード商品の取り扱いについて問い合わせてみるとか、コーヒーショップで「フェアトレードコーヒーはないんですか?」と聞いてみるとか…。そんなことの積み重ねが、少しずつ世間の意識を変えることにつながると思うのです。

メーカーや小売店、消費者など、それぞれの立場でのアクションがうまくかみあうことによって流れを作り出し、社会を動かすのだと思います。

「フェアトレードが当たり前」といえる社会に向けて、微風ながら追い風が吹きつつある今、そうした連携プレーによって相乗効果が生み出せたら、と願っています。

さて年内、Tammy's Treatsの活動はまだまだ続きます。今週末からは毎年恒例の広尾での期間限定ショップがスタートします。ちょっと早いですが、年末、年始に向けたギフトの準備もお忘れなく!

**********
【Winter Gifts @ Tammy's Treats 2014】
今回は、人や動物を力づけるというコンセプトを提案する、エシカルライフスタイルブランドのVeganieより、インドのビンテージサリーに手仕事を施した1点物のストールなどをご紹介します。さらに新商品、定番アイテム、お買い得商品なども、各種取り揃えてお待ちしています。

日時:11月15日(土)〜24日(月)11:00~19:00
会場:SHORT-TERM SHOP<Tammy's Treats>
住所:渋谷区広尾5-6-6 広尾プラザ横1F
アクセス:地下鉄日比谷線広尾駅、2番出口より徒歩2分、スターバックスコーヒーとKFCの間
ちらし:http://tammys-treats.com/image/2014-11%20STS%20DM.png

blog-20141110.jpg





 
| お知らせ・イベント情報 | 12:27 | - | - | pookmark |