<< ethicaloopのPOP UP STORE @ 渋谷ヒカリエ | main | トゥクトゥク in プノンペン >>
タイの食堂&屋台メシ vol.1

旅の楽しみの一つは「食」。特にタイ料理は大好きです。

レストランで食べることもありますが、一人のときは街の食堂や、フードコート(デパートやショッピングセンターの一角にある食堂エリア。食券を買って、好きなものを好きなブースから調達するシステム)ですませることが多いのです。

そこで今回のブログでは、タイの食堂&屋台メシを一部ご紹介。

いつも食欲に負け、写真撮り忘れてしまうので、思ったほど写真に残っていないのが残念ですが(^_^;)、これからもブログでご紹介できればと思います。

FB20140801.JPG
まずはチェンマイ名物のカオソーイ。黄色い麺にリッチなスープ、これに野沢菜と赤玉ねぎをトッピングし、レモンをしぼると、こってりスープがちょっとさっぱりとなって美味しいのです。辛い物OKという方には、さらにチリインオイルを入れるのがおススメ。

blog-20140814-2.jpg













パッ(ド)・シーユ―もお気に入りの一つ。太めのライスヌードルを葉野菜と豚肉、卵といためた、タイの食堂メシの定番。味が物足りなければ、ナンプラー、砂糖、唐辛子、砂糖、お酢などをかけてお好みの味に仕立てます。

blog-20140814-3.jpg




チェンマイにあるイスラム教のモスク周辺で金曜日に出る屋台街の一角で見つけました。味付きのご飯をおむすび状に丸くして揚げたものをくずして、パパイヤ?マンゴ?サラダとまぜあわせ、ピーナッツをトッピングした一品。以外な組み合わせが美味しかったので、今度名前を聞いてみようと思ってます。

blog-20140814-1.jpg


市場の一角で見つけた一皿。あれ?名前何だっけ?聞いたけど忘れちゃいました。

甘くない、ういろうのようなものを切り、冷たいスープをかけ、薬味をトッピングしたもの。ういろうもどき自体に味がないので、ちょっと微妙。ところてんのように、暑い日におやつ感覚で食べるものなのかも。


blog-20140814-4.jpg
そして甘党として外せないデザートにはロティ―。注文するとその場で生地をのばして焼いてくれます。クレープのように薄く焼いて、バナナやチョコレートをトッピングするのもいいけれど、パンケーキサイズに厚めに焼いて、練乳をかけてくるくる巻いたものもシンプルで好き。出来立てのあつあつのものを、その場で食べるのが一番。

あれあれ?食べ物のことになると、なぜか筆が進みます。

まだまだ紹介したいお料理はい〜っぱいあるので、次回をお楽しみに〜。



 

| タイ | 22:39 | - | - | pookmark |