<< 【横浜野毛動物園通り展】開催中! | main | 2/6(日) ミッドタウンのイデーマーケットに出店します! >>
チョコボール作りとチョコレート・ワークショップ
もうすぐバレンタインですね!

Tammy's Treatsでもこの時期に限り、イベントなどを通じて「第三世界ショップ」のチョコレートを販売しています。

いわゆるフェアトレード・ラベルの付いた商品ではありませんが、中南米の小規模農家によって有機栽培された現在料を使用し、乳化剤などを使わず、ココアバターのみでじっくりと練り上げたスイス製のフェアトレード&オーガニック・チョコレート。なめらかな口どけは、「これぞチョコレート!」というおいしさです。

そんなチョコを使って、簡単にできるスイーツを作ってみました。

材料は、フェアトレードのビターチョコ、市販のスポンジケーキ(又はカステラ)、アーモンドプードルと生クリームです。ちなみにアーモンドプードルも「第三世界ショップ」のフェアトレード食材です。

blog110126choco1.jpg

作り方はいたって簡単。ビターチョコとスポンジケーキを細かく刻み、軽くから炒りしたアーモンドプードルとあわせてざっくりと混ぜたら、生クリームを少しずつ加えながら手で混ぜる。耳たぶくらいの柔らかさににまとめれば、チョコボールベースが出来ます。一口大にとり、手でボール状にまとめれば、あっという間にチョコボールの完成です(↓)。

blog110126choco2.jpg

今回は基本のチョコベースのみで作ってみましたが、ボール状にまとるめるときに、色んな素材を混ぜ込むこともできます。例えば、耕作放棄地を活用して作られた有機栽培のお茶を、パウダー状にしたものを混ぜ込めば、海外だけでなく、国内の課題解決にもつながるコミュニティトレード・チョコボールの出来上がり!

第三世界ショップでは、私たちの暮らしの身近な問題にも目を向けようと、そんな提案をしています。

実は今回チョコボール作りにチャレンジしたのは、フェアトレードとチョコレートについてのお話に、誰でも、どこでも火を使わずに簡単に出来てしまうチョコボール作りを組み合わせた、チョコレート・ワークショップの予行演習のため。

このようなチョコレート・ワークショップの開催に関心のある方がいらっしゃれば、ぜひご連絡・ご相談下さい。10人程度の参加者と、開催場所(ご自宅や、会議室、教室など)さえ確保していただければ、出張ワークショップ開催します!(但し、首都圏のみ。)

さてさて完成したチョコボールはといえば、粉砂糖をふってミルクティーと共においしくいただきました〜。あ、でも食べすぎには要注意・・・ですね。


| - | 16:30 | - | - | pookmark |