<< お気に入りの雑貨 | main | 嬉しかったこと >>
プノンペン(カンボジア)の魅力
またまた今回も、このキャンペーンでのお題「あなたが一番力を入れる都市の魅力を紹介してください」にこたえます。今回応募するにあたって悩んだ末、私が一番力を入れる都市として選んだのは、カンボジアの首都プノンペン。

カンボジアはこの10年ほどで、仕事やプライベートを含め4回くらい訪れています。1970年代に内戦に突入、その後、長い内戦時代を経て1991年に和平協定が結ばれた後も、1990年代の後半まで不安定な政治状況が続いていた国、カンボジア。

2001年に仕事で訪問した際には、まだまだ治安状況も安定せず、携帯電話を狙った窃盗事件なども多発していました。首都のプノンペンも住宅街の道路は穴だらけだったのを覚えています。食事も近隣のタイやベトナムに比べると、塩・コショウによる味付け中心で、可もなく不可もなく、といった感じ。おしゃれなショップも、気の利いたおみやげもあまり見当たらず、アンコール・ワット以外、観光客を惹きつける要素は正直ないなあ・・・、という印象でした。

それがなんと、2008年に久しぶりに訪問したら、すっかり変わっているではありませんか!治安状況は改善され、道路の穴も相当埋まっていました。川沿いには、おしゃれなカフェやお店が立ち並ぶエリアも発見。しかし仕事で十分な時間が取れず、のぞいてみたい欲求を抑え、なくなく帰国したのでした。


2008年の訪問で「とにかく市場に行きた〜い!」と懇願、かろうじて連れて行ってもらったセントラル・マーケット近辺の様子。

ということで去年、前回の無念をはらすべく、ついにプノンペン行きを決行。一般の観光客が行くような観光スポットは全てスキップし、お店めぐりに専念した2泊3日の訪問です。そこでわかったのは、想像以上にNGO(援助団体)が運営するお店がたくさんあること。障がい者の自立支援や、女性や子ども、貧困層の収入向上を目指す団体など、様々な社会的目的を持って活動する団体が、自らお店を開いているんです。日本のNGOがやっているショップもありました。

驚いたのは、そうしたお店のレベルの高さです。障がい者や女性たちによって作られた手工芸品は、質、量ともに一般のお店に勝るとも劣らず、おしゃれなフェアトレード商品をたくさん発見!スタッフもみんな、とてもフレンドリーで親切。しばらく来ない間に、相当レベルアップしてました。


障がい者支援を行っている団体のショップでは、こんなモビールを発見。

しかも、雑貨だけではないんです。NGOが運営するレストランやカフェ、ゲストハウスまである。以前聞いたところによると、マッサージ屋さん(スパ?)なんかもあるらしい。ためしにホテル業界での人材育成のため、NGOが運営するホテル学校付属のレストラン(Lotus Blanc Restaurant)に行ってみましたが、若い訓練生たちが一生懸命に給仕してくれる姿がほほえましく、食事もとってもおいしかったので大満足でした。


Lotus Blanc RestaurantにてGrilled Snapperを注文。結構本格的なヨーロッパ料理で、お客さんはほとんど外国人。メニューに書かれた値段はカンボジアとしては結構高めだけど洋食だから仕方ないか・・・、と思ってたらお勘定時になぜか半額にしてくれました。その理由は未だに謎ですが、5ドル弱でサラダとメインとコーヒーのランチが食べられてラッキー!

他にも、ストリート・チルドレンだった若者たちに、雇用と教育(職業訓練)の場を提供する場として運営されているおしゃれなレストラン(Romdeng)があったりして、ショッピング以外にも食や宿泊を通じて、社会にやさしい取り組みを体験できる場がたくさんありました。しかも、「社会貢献」という側面をアピールしなくても、それぞれが十分に質の高い魅力的な内容なのがいい。物欲も食欲も満たした上に、なおかつそれが社会貢献にもなっている・・・。なんかとっても嬉しくなります。


Romdengにて。グリーンマンゴと干エビのスパイシーサラダ。奥に見えているのはタロイモと豚肉の春巻き。どちらも美味!

これほどまでにNGOが商業的な取り組みに進出しているのは、NGOをはじめとした援助団体が紛争後の復興を牽引してきたという、カンボジアならではの事情があるのかもしれません。どんな事情にせよ、観光客でも無理なくカンボジア社会に貢献できる仕組みが、いたるところにちりばめられているのはいいですよね!こうした取り組みは、各NGOの社会的な活動を継続させる上でも、とても重要なことだと思います。参考になるし、応援したいものです。

2泊3日では体験し尽くせなかったカンボジア、プノンペンの魅力。奥が深そうです。次回も独自の嗅覚で(?)、もっともっと社会や環境にやさしい商品や取り組みを発掘し、紹介できたらと思っています。次なるターゲットはスパ・マッサージ?!う〜ん、探した〜い。


こんなお寺の敷地内にも障がい者の職業訓練センターがあって、ハンディクラフトを売ってました。

【世界1周雑貨バイヤー募集! お題】あなたが一番力を入れる都市の魅力をブログで紹介してください!
| カンボジア | 14:59 | - | - | pookmark |